八門金鎖とは?
八門は驚・休・生・死・杜・景・傷・開からなっている。
生門・開門・景門から攻めれば攻め込む軍に利があり
傷門・休門・驚門から攻めれば攻め込む軍が傷つき
杜門・死門からはいれば二度と生きて帰って来れなくなる陣構えです。
曹仁が劉備と新野で対峙したときに用いた陣形です。
この時は徐庶が軍師としていたのであっという間に見破りました。

私的考察・・・
なんかよくわかりません。(汗)
本当にどういう陣なのか気になる。
夷凌の戦いで諸葛亮の陣形・石兵八陣がありますが、↑を改良したものではないのかと思います。
ただ、これを見破った徐庶は恐いです。
頭が良いのは分かりますが・・・兵法は奥が深いです。
Click Here!

[戻る]