●その他の感染症


性器にウィルスや細菌などの病的微生物が感染して起こるものです。病的帯下(おりもの)の原因のうち最も多く見られます。
代表的なものに、膣トリコモナス症や膣カンジダ症があります。

膣トリコモナス症:トリコモナス原虫が膣に感染して発症します。症状としては、女性では大量の帯下(おりもの)とかゆみが現れます。
帯下(おりもの)は多くの場合、黄色く膿のように粘り気があります。また、分泌物が泡沫状(泡だっていること)になっていることもあります。
性行為によって感染しますので、特定のセックスパートナーがいる場合は、相手も治療する必要があります。

膣カンジダ症:病的帯下(おりもの)で多く見られる原因です。カンジダ真菌というカビの一種によって起こります。
帯下(おりもの)は白あるいは黄色っぽいチーズ状の固形物が見られます。カンジダ真菌は、もともと外陰部や膣などに住み着いている常在菌です。
膣の中はデーデルライン桿菌と呼ばれる菌の働きで、常に酸性に保たれていて、他の菌は繁殖しにくい環境にありますが、なんらかのきっかけでデーデルライン桿菌の働きが弱まると、カンジダ真菌などが繁殖しやすくなります。
また、再発しやすいのも特徴です。発症のきっかけは、生理用品などの長時間使用による外陰部のむれや過度の性交渉により膣内が汚れた時、妊娠や糖尿病などで体の免疫力が低下した時、また外陰部の不潔も挙げられます。
膣内は洗わず、外陰部だけを洗うように心がけて下さい。

これらの細菌の感染は、治療せずに放置しておくと、外陰部や肛門などに拡大し、簡単に治らなくなりますので、注意が必要です。




[戻る]