サラ金業界に身分差別は存在するか?

よく聞かれる事ですが、今の世の中貸すお客さんに対しての身分差別はどの業者も
一切やっておりません!
基本的に働いていて返済能力のあるお客さんに対してはどの業者も貸します。
ただし与信枠等審査基準に対して
身分区別は存在します!
●社会保険か国民保険か
●一流企業か零細企業か
●居住年数が長いか短いか
●独身か既婚か
上記4点で大よそ振り分けられます。
次に重視するのは
●借り入れ件数
●返済の遅れ
●借り入れ金額
で90%決まります。
良くある話ですがお客さんの中には
●独身
●職が長続きしない
●件数が多い
●遅れがある
にも関わらず平気で「50万貸してくれ」とか言う人もいますが、業者は絶対に貸しません。
借り手はまず自分は社会的地位がどれぐらいなのかを良く知っておく必要があると思います。
フリーターなら頑張って職を見つけ社会保険をGETするとか
遅れがあるのなら最低限の金利分を払った上で借りに行くとか
特にどの業者も遅れがある分には貸したがらないので
必ず遅れを消した上で申し込んで下さい

審査を通すコツ