熊本県の魅力



1.熊本城


「日本の三大城」の一つに数えられる熊本城。熊本県熊本県の藩主であり、藩主として知られている加藤清雅(加藤勝和)は、慶應6(1601)以来7年間にわたって建てられた城塔です。加藤家の改築後、細川家の住居となった。
熊本市の象徴である華麗な壮大な本丸御殿を復元した「戦士の帰り」という独自の石壁など、興味深い場所がたくさんあります。春の桜は素晴らしく、多くの人が花を見て愛する。 2016年4月に発生した熊本地震では、城壁、石壁、重要文化財などが壊れていました。 2019年には、20年間にわたって城全体を再建することを目指して、城の塔の再建に取り組んでいます。本丸に入ることはできませんが、二の丸広場や加藤神社などの現状を見ることができます。熊本城が現れ、復興している様子をたくさん見せて欲しいです。



2.地下水


人口74万人の熊本市は、すべての上下水道を自然地下水でカバーしています。人口50万人以上の都市では、世界でも珍しい地下水都市である日本で唯一の都市です。熊本県の噴火によって形成された熊本地域の層。阿蘇はクリアランスが豊富で、水が浸透しやすいという特徴があります。阿蘇の山々に落ちた雨が約20年ぶりに地球に浸かり、熊本市に到着する。その間、ミネラル含有量は身体に優しい天然水に美味しく溶け込みます。また、全国平均を上回る雨量や、約420年前の加藤清正による水田開発も地下水の豊富さに寄与しています。
このように、熊本市は、蛇口をねじれば「ミネラルウォーター」と呼ばれる特権的な環境にあります。熊本市に来たら、飲料水だけでなく、料理やお風呂も体験することができます。そのすべてが贅沢なミネラルウォーターの体験です。



3.元気な人達


熊本人の「エズ」「ワカン」の気質を表現するときに使用する言葉。 「江津」は主に男性の「頑固な人」や「頑固な人」の表現ですが、悪い意味ではなく、行を通過した人の褒め言葉として使用されます。 一方、「若山」は「私は新しいものが好き」を意味します。 私は新しいことに興味があり、好奇心を積極的に導入している人をよく知っています。
情熱的で執拗な気質は、芸術、エンターテイメント、スポーツなど様々な分野で活発な新しい人と文化を創造しています。
旅行の際に地元の人々にお気軽にお問い合わせください。 確かに熱心に反応します。 また、そのような熊本人との交流を楽しみにしていてください!



4.来店不要の無審査ブラック即日街金キャッシング!

Click Here!

[戻る]