山形県の魅力


山形県のおいしさ···山形県の農産物などを2001年から継続して統一したキャンペーンのキャッチフレーズです。山形県はラフランスなどのサクランボやナシに代表されるように、果物。味が豊かで人気が高いチャズヤスや米沢牛などの果物以外にも評判の高い農産物が豊富にあります。 2010年にデビューしたブランド米「Tsuya Hime」もあります。

冬の彫刻となった「日本の一番台」では、毎年10万人以上の人が集まり、河北町の地元食材「地元の冷たい肉そば」の人気も高まっています。緑の三角形の山をデザインした地元のキャラクター「ペロリン」も登場し、14年ぶりに山形空港が「美味しい山形空港」になりました。このように、山形県では、「食べ物」を先取りしたブランド戦略を展開しています。

この戦略への影響は確かに現れます。災害後12年間の東北地方のイメージ上昇に対する反応として、魅力は一時的に13年ぶりに低下したが、14年ぶりに上昇したが、今年は魅力のランキングが22回目となった。

イメージ項目では、「自然豊か」4位、「豊かな食材」6位となったほか、「農林水産が繁栄している地域」としての評価が初めて全国的に評価されました。

食べ物のイメージだけでなく、観光のモチベーションの程度も、14日の36日から15日の25日に大きく上昇しました。 「旅行・グルメプログラム」に触れた人の割合は、2002年の16%から22%に大幅に上昇し、「旅行・グルメ雑誌、ガイドブック」、「旅行・観光サイト」との接触率も増加したその魅力が食べ物と旅行を結びつけたと考えられています。特に東日本の居住者からの情報連絡の程度や観光の欲求が高まっている。

山形県を観光していますか?

山形県のブランド力を分析すると、2つの特徴が現れます。その一つは、男性の評価が女性より高いことです。一般に、女性は旅行に敏感であるため、女性の旅行意識が高い都道府県が多い。しかし、山形県の場合は男性が多い。

たとえば、「私は確かに行くだろう」という答えは、女性は10%、男性は13%以上です。観光モチベーションの全国ラ​​ンキングでは、女性は31位、男性は21位にランクされています。

過去5年間に実際に観光をした人の割合(観光訪問率)は、女性が10%、男性が12%となっています。観光以外の目的を含む訪問率は、女性が14%、男性が22%であり、ビジネスニーズがあるためさらに高い。

これは観光の指標ではなく、意識と魅力の両方のための男性の評価です。つまり、山形県は男性から高い評価を受けていると言われています。

しかし、視点を変えれば、今後の山形県のブランド力を高めるためには、女性から魅力的であると思われる地域資源を特定し、情報発信をさらに深化させる必要があります。

◆市民による食べ物の鑑賞が急落!

もう一つの特徴は、山形市民の食べ物評価がそれほど高くないということです。例えば、「食材が豊富」と評価されている県民の割合は37%で、全国ランキングで14位です。前述のように、ランキングは6位の食品を評価する一般消費者のランキングよりも低い。

また、13年ぶりに2年ぶりの2年ぶりに急落した。同様に、「食事はおいしい」は13年間で63%(5位)ですが、15年で36%(16位)に急激に低下しました。

山形県の食べ物や食事そのものの魅力そのものが低下していなければ、都道府県の人々自身が食物の魅力を失うかもしれない。 「美味しい山形」を提唱すれば、山形県民は県内の食べ物の評価を上げる必要があります。しかし、市民の厳しい見方から食糧の質が低下していると言えるかもしれません。この場合、山形県の食料需要が減少する可能性があるため、大きな問題である。

県民の評価が低下しているのはなぜなのか、原因を徹底的に解明し、問題点を明確化し、食品やコンセプト等の品質を見直す必要がある。県民は山形県の食べ物が豊かであり、県民自分自身が「ストーリーテラー」として自信を持ってコミュニケーションをとることができるため、地域創造の道は決して険しくはありません。



総量規制対象外の街金.サラ金.消費者金融ってあるの?

Click Here!

[戻る]