JavaScriptってなぁに???
JavaScriptとは
JavaScript(ジャバスクリプト)とは、Webページを記述するプログラムです。
インターネットを操作したりする事が出来る。とても大切なものです。
これはインターネット上だけの話で、インターネット以外は一切関係はありません。
<script>系のタグは、よく『JavaScript』がありますよね!!

よく、javaとjavascriptの個別が付けられない人が居ますよね・・・
javascriptとはネットスケープ社が開発したブラウザ上で使えるプログラムで、javaはサンマイクロシステムズ社が開発したプログラムなのです。

JavaScriptは必ずあるとは限りません。非対応のパソコンもあります。
なので、JavaScript系のタグを使ったHPをJavaScript非対応のパソコンが見ると、ページでエラーが発生します。
タスクバー??によく『ページでエラーが発生しました。』と言う文字が見られるでしょう。
これは、JavaScriptエラーの印です。
原因は、JavaScript非対応のパソコンだから JavaScriptのタグを間違って使っているの2つです。
他にもあると思いますが・・・

JavaScript系のタグを使いすぎると・・・???
ホームページがとても重くなります。
古いパソコンの人は、10分以上はかかるかも知れません。

JavaScript系のタグはどんなもの???
とにかく、自分のHPを守るタグ系が多いですね・・・
右クリック禁止タグ・ドラッグ禁止タグなどです。
JavaScript系のタグはあまり使わない方がいいです。
JavaScriptに頼ったHPを作ると、非対応のページにかなりの迷惑がかかるからです。

まとめ
JavaScript=ネットスケープ社が開発したブラウザ上で使えるプログラム
HPではあまり使用しない方がいいと思われるプログラム???
使いすぎると危険なので・・・


[戻る]