ビットクラブ報酬説明

登録時に【スポンサー】が必要な場合は【tomiya】とご入力ください。
現在、アメリカでの新規登録は終了しています。
ビットクラブに参加してマイニングに申し込む
マイニング、ビットコイン、ビットクラブ
ビットコイン マイニング報酬画像例
$3500で全てのマイニングプールプランを購入したケース

ビットクラブビジネスマイニング登録順にパワーラインにつけていきます。

ビットクラブマイニング仮登録は早目にこちらから、

ビットクラブネットワークでの稼ぎ方は、ビットコインの価値が上がる過程でいかにビットコインを稼いでいくかにあります。マイニングプランは1000日間有効です。今日本の銀行に35万円ある状態で1000日後いったいどのくらいに増えているでしょうか? もし我々のマイニングネットワークに参加し、毎日報酬を得ていった場合、1000日後にはおよそ10倍以上にはなっている可能性があるでしょう。それはもちろん賢い運用、複利の力、ビットコインの価値の上昇により可能とされています。毎日少しずつではありますがビットコインで報酬を得ることが、今後あなたの資産を増やす上でとても大事な要素なのです。ビットクラブネットワークには、ビットコイン以外にもDASH, ETH, ETC, XMR, ZECなどの今後価値が飛躍的に伸びるであろうアルトコインもマイニングすることが可能です。2017年の始めでは暗号通貨の全体市場価値は2兆円程でしたが、その後3ヶ月で10兆円程に増え世界規模で急速に成長しています。是非この機会にビットクラブにご参加ください。

ビットクラブビジネスマイニング登録順にパワーラインにつけていきます。

ビットクラブマイニング仮登録は早目にこちらから、





日経新聞記事より ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGC04H01_U6A300C1MM0000/

BitClubはBitFuryと独占契約を締結

更に凄いことに、BitClubNetworkはBitFuryとマイニングチップの独占契約を締結しました。

つまり、最新式のマイニングチップを世界のマイニングプールに先んじて使えるのはBitClub以外無いということになります。

これはBitClubがマイニングシェアを伸ばす上で凄まじいアドバンテージになるのは間違いありません。
どうして独占契約を結べたのか?

BitFuryはマイニングチップの開発企業である前に、ブロックチェーン技術のリーディングカンパニーでもあります。

2016年には世界で初めてブロックチェーンを導入したジョージア政府(旧グルジア)に技術提供をしたことで話題になりました。

参考記事:世界初の『ブロックチェーン導入政府』ジョージア

記事にもありますが、9000万ドルもの資金を調達し、政府相手にサシで技術提供するほど大企業が『たかが投資家の集まりであるBitClub』と提携する理由は何でしょうか?

その答えは、BitClubが進めているビットコイン決済事業のCoinPayではないかと噂されています。
BitFuryを口説き落としたのはビットコイン決済事業『CoinPay』?

これまではビットコインは単なる投資対象でしたが、2017年が『仮想通貨元年』と言われるように爆発的に普及していくと思われます。

その普及を支えるのが『ビットコイン決済事業』です。

先日、東京のビックカメラがBitFlyerがリリースするビットコイン決済サービス『bitWire』を導入したことで大きなニュースになりました。

参考:BitWireShop導入例【BitFlyer】

ビットコインを持つ人が増えたとしても、実際に店舗で使えなければ本当に普及したとは言えませんから、ビットコイン関連企業は今後このような決済事業に注力していくと考えられます。

何を隠そう、BitClubも2017年中にビットコイン決済事業に参入するため『CoinPay』をリリースします。

開発はBitClubが株主になっている香港のブロックチェーン・ベンチャー企業で、決済手数料はBitFlyerがリリースするBitWireと同じく手数料1%です。

(クレカは手数料3~4%なので普及すれば淘汰されます)

CoinPayがBitWireに比べてユニークなのは次の点。

手数料1%の内の一部がCoinPay紹介者のコミッションとなる
全世界同時リリースとなる

これ、スゴくないですか???

将来的にBitClub会員はCoinPayの代理店となることができて、決済手数料の一部を自分の取り分にできる仕組みになっているわけです。

しかも、Coinpayは日本国内だけでマーケティングするBitWireと違ってCoinPayは全世界のBitClub会員が代理店となって拡散するので狙っているのは世界シェアの獲得です。

更に更に、Coinpayの株主であるBitClubは、その株式をBitClubメンバーの購入額に合わせて割り当てています!!!

(現在は$3500ファウンダープラン購入者のみ)

ビットコインの決済事業の市場規模は、クレカの手数料を喰いに行くわけですから数百兆、数千兆円とも言われています。Coinpayの参入が成功すれば、株式の値上がり益も狙えてしまうわけです。

凄まじいスケールのビジネスですよね(^^;;

私はBitClubがBitFuryを口説き落とせた理由はCoinPayにあると思っています。

今後のBitClubの飛躍に期待!

かなり脱線してしまいましたが、BitClubが超強力な2つのマイニング武器商人の後ろ盾を得ていることは事実です。

マイニングのトップシェア2社が味方に居るということは…BitClubのマイニングシェアの維持は安泰であると予想しても差し支えないのではないでしょうか?

実際に、2017年3月から段階的にハッシュレートの増強が行われていますから、Bitclubのシェアは今後グングン伸びていくことになるでしょう。

そして、BitClubの事業に参入するベストタイミングは、ビットコインがまだ普及しきっていない『今』しかありません!

BitClubNetworkに参加するには?

BitClubNetworkの公式サイトはこちらです。

ビットクラブ報酬説明、まずは無料仮登録から


マイニングシェアのNo2~3の位置にいるのがBitFuryという企業です。実は、BitFuryはマイニングマシンのチップを作っています笑

つまり、BitFuryがマイニング2~3位に君臨することで

『ウチのチップを使えばこれだけ勝てますよ』

と言ってるわけです。

BitFuryもAntPoolと同じく、ビットコイン・マイニングの武器商人だったわけです。
BITMAINのハードに、BitFuryのチップ

ということで、現在のマイニング業界は

BITMAINのハードにBitFuryのチップを積んでマイニングする

ことがスタンダードになっています。

この2社が本気でマイニングをしてしまえば、あっという間に下位のチームは淘汰されていくことでしょう。

しかし、それではチップやハードを買ってくれる下位プール(お客さん)が儲からなくなってしまうわけですから、10~15%前後でマイニングシェアをセーブしているんですね。

なんて出来レースなんだ…!

と思いませんか?私は思いました(^_^;)ではBitClubNetworkと2社の関係は?気になってくるのは、このマイニングのリーディングカンパニー2社とBitClubNetworkの関係性です。

実はBitClubとAntPool、BitClubとBitFuryはガッツリと強固なパートナーシップを結んでいます。

これは『BitClubのマイニングは安泰』と言っていいレベルです。
2社から膨大なハッシュパワーを購入している

BitClubはBITMAIN、BitFuryの2社から巨大なハッシングパワー(マイニングマシン)を優先的に、安価に購入することが可能になってます。

BitClubのNewsにも掲載されていますが

We have taken advantage of the recent price hike and purchased 80 PH that will be going live in the next 60 days. First you will see 20 PH being added over the next 2-3 weeks from Bitmain, then you will see another 60 PH added from BitFury.

BitClubNetworkオフィシャルサイトより

ニュース掲載当時のBitClubのハッシュレートは100PHですが、現状の80%にもなる80PHをBITMAIN、BitFuryから購入するとされており、実際に計画通りの設備投資が実行されています。

BitClubは複数のマイニング施設を世界各地に分散して運営していますが、その一つに『Fury』の名を冠するプールを運営してます。

ビットクラブ登録でコインペイが付与か動画
Click Here!

[戻る]